ネイチャーショップKYOEI東京店の中の人がつぶやくブログ

新製品情報はもちろん、機材のテクニカルガイドや、webショップには掲載できないブログだけの限定情報など、裏表織り交ぜてぶっちゃけます!

ZWO-ASI224MCが追加入荷してきました!

惑星撮影用に人気のある「ASI224MC」が大量に入荷してきました。この夏から秋にかけての木星や土星の撮影にまだ間に合いますので、新しいCMOSカメラによる鮮明な惑星像撮影に是非ともチャレンジしてみてはいかがでしょうか!

f:id:KYOEI-TOKYO:20170720153928j:plain

この機種は人気商品のため在庫切れを生じる場合もございます。

(写真の箱はすべてASI224MC)

南ゴビ砂漠の天の川ムービー!

標高1900mに位置するツーリストキャンプのゲルに宿泊。夜半前には満天の星空が広がり、遊牧民のゲルの背景にはアメージングな天の川が横たわりました。我々が住んでいる銀河系を美しいと改めて認識しました。(映像25秒)

撮影(天の川):Nikon (10.5 f2.8)(12-24 f2.8)EDレンズ + Nikon D7200 + SWAT350  露出30秒 絞り開放 ISO1600

撮影(朝夕焼け):Sony RX100Ⅲ タイムラプス機能

撮影編集:KYOEIスタッフ

 

ZWO-たくさん入荷してきました!

f:id:KYOEI-TOKYO:20170706145358j:plain

ZWO社CMOSカメラ(非冷却タイプおよび冷却タイプ)をはじめ、ADC(大気分散補正プリズム)や各種フィルターホイールやアダプタなど在庫を確保しました。

・ASI224MC ・ASI290MC/MM ・ASI178MC/MM ・ASI174MC/MM

・ASI1600MC ・ASI1600MC-Cool ・ASI1600MM-各種Kit ・ASI071MC-Cool etc.

f:id:KYOEI-TOKYO:20170706145425j:plain

この夏、パソコンで高精細な惑星撮影や星雲星団撮影にチャレンジしたい方々を強力にバックアップいたします。もちろん出荷前検査はKYOEIスタッフが丁寧に行っています。

f:id:KYOEI-TOKYO:20170706145954j:plain

最近とくに人気のオプションパーツであるADC(大気分散補正プリズム)も十分な在庫を確保しました。。。が、油断は禁物なのでお早めにご用命ください!

ダランザドガドの天の川!

モンゴルの首都ウランバートルから南へ500kmの南ゴビ砂漠のツーリストキャンプで天の川を撮影してみました。

f:id:KYOEI-TOKYO:20170630192155j:image

ここはダランザドガドという南ゴビ砂漠の玄関口。ご覧の通りゲルに宿泊しながら満天の星空を楽しみました!

f:id:KYOEI-TOKYO:20170630190239j:image

久しぶりに身震いするような濃い天の川と遊牧民のゲルとの幻想的な星景写真を見てください。さそり座と射手座の間に土星も(^^)

f:id:KYOEI-TOKYO:20170630190530j:image

撮影:Nikon (10.5 f2.8)(12-24 f2.8)EDレンズ + Nikon D7200 + SWAT350  露出30秒 絞り開放 ISO1600

写真はiPhoneでの画像処理です。

ZWO-会いに行ってきました!

鮮やかなレッドのカラーリングのCMOSカメラを製造しているZWO社のスタッフに会いに行ってきました。そのZWO社は大きなオフィスビルの一角にあり、社長さんをはじめ皆さん若いスタッフが自由な雰囲気の中で出迎えてくれました。

f:id:KYOEI-TOKYO:20170615111726j:plain

オフィス内の制作エリアにはクリーンルームも完備していて、丁寧にCMOSカメラを作り込んでいる様子が見受けられました。整理整頓も行き届き、きれいに清掃されたオフィスは気持ちの良いオフィス環境でした。

f:id:KYOEI-TOKYO:20170615112754j:plain

これからの新しい天文の世界を創造していこうとするエネルギッシュなパワーを彼らから感じました。そこから生み出されるCMOSカメラは天体写真の楽しみ方を大きく変えていくと思います。

素敵なウェルカムディナーにも招待されて、春秋時代の呉の都が置かれた蘇州の夜は更けていきました。

f:id:KYOEI-TOKYO:20170615114142j:plain

QHYCCD-訪問しちゃいました!

皆さんお馴染みの超高感度CMOSカメラメーカー「QHYCCD社」を訪問しました。オープンマインドな社長さんをはじめ、多くのスタッフ方に温かく歓迎されて有意義な時間を過ごすことが出来ました!

f:id:KYOEI-TOKYO:20170606173440j:image

いかにも頭脳集団といった感じの若いスタッフがオフィスの中で働いていました。以下はセールス部門と製造部門の写真です。

f:id:KYOEI-TOKYO:20170606173739j:image

出荷を待つ製品たちが棚の中で所狭しと並べられていました。最大のアメリカ市場においては冷却タイプのCMOSカメラが売れているそうです。日本でも冷却タイプに人気がでるのは時間の問題かも知れませんね(^^)

f:id:KYOEI-TOKYO:20170606174143j:image

ZWO-木星ムービーをスタック処理してみました!

2日前の5月30日のブログでご紹介した木星の撮影生データ(ムービー)からスタック編集処理して静止画像を生成してみました。ZWO製ASI174MCにて撮影。

がちがちの処理を加えたわけではなく、ごくごく一般的なパラメータ設定により20分ほどで得られた静止画像です。もっと時間をかけて処理を追い込めば細部の模様が鮮明に現われてくると思います!

f:id:KYOEI-TOKYO:20170602095853j:plain

画像処理ステップ:「Autostakkert!2」にて1000フレームから70%を自動抽出してスタック処理 ⇒ 「RegiStax6」にてウェーブレット(画像協調)処理 ⇒ 「StellaImage7」にてシャープ処理

 

ほんとうは「ASI174MC」で惑星状星雲M57やM27を狙っていたのですが、春がすみが広がってしまい、急遽木星を撮影しました。できればピクセルサイズがより小さい「ASI178MC」を準備していたらなぁと。。。

6月15日にはこんどは土星も衝を迎えるので、この夏は是非とも惑星撮影にチャレンジしてみませんか!