ネイチャーショップKYOEI東京店 星ブログ

新製品情報はもちろん、機材のテクニカルガイドや、webショップには掲載できないブログだけの限定情報など、裏表織り交ぜてぶっちゃけます!

ASIAIRアプリだけで天体自動導入OK!

なんとZWO社のASIAIRアプリだけで、撮影したい天体の自動導入およびPlate Solving(位置補正)まで可能になりました。筆者が撮影時に試してみると、とても快適な機能でした。つまり外部有料アプリとのタスク切り替えも必要なく、操作がシームレスで使いやすくなったと言えます!

<<天体自動導入>>

f:id:KYOEI-TOKYO:20181212161036j:plain

1.ASIAIRアプリのメイン画面上段にある望遠鏡マーク(Telescope Settings)をタップします。開いた画面の中の「Choose Object」をタップすると、本日のオススメ天体の一覧が表示されます。

f:id:KYOEI-TOKYO:20181212162419j:plain

2.たとえばM42(オリオン大星雲)を撮影したい場合、検索ワードにM42と入力してサーチします。するとM42の情報が表示されるので、そこを2回タップします。

f:id:KYOEI-TOKYO:20181212163356j:plain

3.画面が元のTelescope Settingsに戻って、M42と表示されるので、「GoTo」をタップします。

f:id:KYOEI-TOKYO:20181212164035p:plain

4.すると上写真のようなGoToメッセージや位置座標が表示されながら、望遠鏡がM42(オリオン座大星雲)を自動的に導入します。

f:id:KYOEI-TOKYO:20181212164857p:plain

実際の撮影スマホ画面:ASI183MC-P + Vixen FL55SS 露出5秒 4×4ビニング

 

<<位置補正>>

f:id:KYOEI-TOKYO:20181212165245j:plain

5.プレビュー写真を撮影して対象天体が写野内に導入されていない場合、ASIAIRアプリのメイン画面左欄にある「Plate Solve」アイコンをタップします。

f:id:KYOEI-TOKYO:20181212165756j:plain

6.するとASIAIRアプリは数秒で、現在の写野が天空上のどの位置にあるのかを解析します。表示されたメッセージ内のSync Mountをタップします。あとは前述の3.と同じように「GoTo」をタップするだけで、写野の中心に撮影したい天体が正確に導入されてきます。これは胸がすくような快適さです!!

f:id:KYOEI-TOKYO:20181212170638p:plain

M1(かに星雲) 撮影している画像をピンチアウト 撮影日:2018年12月11日

7.あとは上写真のようにオートラン機能(撮影スケジュール)を使って撮影を実行させるだけです。撮影中もスマホ画面から撮影画像のレベル補正処理が可能なのですぐに撮影画像のチェックができます。また撮影状況やオートガイドの実行状況確認もできる優れものです。

ASICAPが日本語化されてリリース!

f:id:KYOEI-TOKYO:20181129105550j:plain

ZWO社オリジナルのCMOSカメラ撮影コントロールソフト「ASICAP」が日本語化されてリリースされました。撮影に関する基本的な機能に留まらず、冷却温度設定やカラーフィルターホイール制御までコントロールできる優れもの。CMOSカメラ初心者の方には朗報です!

f:id:KYOEI-TOKYO:20181129103633j:plain

ソフトウェアのダウンロードは、ZWO社ホームページのトップページにある「SUPPORT」→「Software」をクリック。

f:id:KYOEI-TOKYO:20181129103712j:plain

開いた画面内のSoftwareの欄に用意されているASICAPの「Download」をクリックして、あとは指示に沿ってダウンロードします。

f:id:KYOEI-TOKYO:20181129104909j:plain

PCのデスクトップ上のACICAPアイコンをダブルクリックすると、日本語版CMOSカメラライフがスタートです。

f:id:KYOEI-TOKYO:20181129105550j:plain

日本語表示は項目表記および補足説明や各種メッセージまで対応されています。筆者も使用してみて、必要にして十分な機能が網羅されていると感じました。(協力:KYOEI)

QHYCCD社を訪ねました!

f:id:KYOEI-TOKYO:20181123190718j:image

QHYCCD社オフィスは閑静な北京郊外に位置しています。広々とした複数のフロアに営業部門、開発部門、生産部門、倉庫部門などがあります。1年ぶりの訪問に社長及び各部門スタッフがKYOEIを温かく迎え入れてくれました。感謝感謝です!

f:id:KYOEI-TOKYO:20181123191915j:image

既存の製品や新製品についてKYOEIからの提案を交えて、今後の展開を話し合いました。

また新しいスタッフとも直接会って親交を深められたので、日本の皆さまへのサービス向上もより迅速に提供できると思っています(^^)

f:id:KYOEI-TOKYO:20181123195628j:image

使いやすくて革新的な製品がこれからも続々とリリースされそうなエネルギーを感じました。

ZWOを訪問!

f:id:KYOEI-TOKYO:20181121080110j:image

ZWO社にお邪魔しています。社長やスタッフの方々と久しぶりに再会して、とても有意義な時間を過ごしました。

f:id:KYOEI-TOKYO:20181121080129j:image

 これからも続々と魅力的な新製品を開発中とのこと。楽しく快適なCMOSカメラライフを皆さまにお届けできるように、打ち合わせを重ねそして親交を深めてきました!

大型低温重力波望遠鏡KAGRAを見学して来ました!

f:id:KYOEI-TOKYO:20181117212820j:image

岐阜県飛騨市にあるKAGRAを見学できる貴重な体験をして来ました。来年の本格稼働に向けて調整が進むKAGRAの見学は今年が最後かもしれないとのこと!

f:id:KYOEI-TOKYO:20181118093713j:image

f:id:KYOEI-TOKYO:20181118094909j:image

KAGRAの入り口トンネルにはたくさんの見学の方々が。みーんな重力波について興味津々な面持ちです。アインシュタイン相対性理論や測定器レーザーについて丁寧で分かりやすい説明をKAGRAスタッフから聞かせていただきました(^^)

f:id:KYOEI-TOKYO:20181117213410j:image

f:id:KYOEI-TOKYO:20181117213434j:image

f:id:KYOEI-TOKYO:20181117213458j:image

f:id:KYOEI-TOKYO:20181117214845j:image

つまり、巨大なブラックホール同士が衝突した時や超新星が爆発した時などに発生する衝撃波が時間と空間を歪めて、地球の物質も変形させる。その変形した数値を測る超大型超微少なモノサシがKAGRAだそうです!

f:id:KYOEI-TOKYO:20181117214112j:image

このレーザーチューブは長さ3,000mもあります。

なにはともあれ、日本の科学技術の最先端を垣間見た感じがしました🤗

レボリューションイメージャーは超簡単!

電視観望をお手軽に楽しむことができるレボリューションイメージャー(Revolution Imager)の簡単な接続方法と実際に観望したモニタ画面をご紹介します。星雲や銀河の形だけでなく、色彩までも堪能することが出来ます! (収録:1分17秒)

使用した望遠鏡は口径15cmシュミカセ(f10)です。付属の0.5倍レデューサーを接続して焦点距離750mmにしました。経緯台追尾で楽ちん電視観望でした。

凄いぜ「ASIAIR」!…vol.2

ASIAIR撮影手順(続編):

f:id:KYOEI-TOKYO:20181031152357p:plain

3.Plate Solving(天体位置解析機能)はASIAIRの肝になる素晴らしく快適な機能と言えます。この機能を使うと、撮影したい対象天体を小さいCMOSチップの写野の中にきちんと導入してくれるのです。いままでに天体撮影の経験がある方には、そのありがたい機能に驚愕すること間違いなしです! 天体自動導入後の試撮の写野にその天体が無かった時の、あの重苦しい雰囲気と無駄な時間から解放されるのです。

ピント調整後にプレビューモードを選択して、露出2秒+ゲイン値120+ビニングMaxくらいの設定でとりあえず1枚撮影します。画面左にあるPlate Solveのアイコンをクリックして数秒待つと、上の写真のように天体位置解析結果(プレビュー撮影画像の正確な中心位置座標(赤経、赤緯、他))が表示されます。そのウインドウの右下にあるSync Mountをクリックすると、その位置座標値がSkySafariにリンクされて、望遠鏡が向いている正確な位置をアプリ上で指し示してくれます。

f:id:KYOEI-TOKYO:20181031155522j:plain

画面左(十字線が望遠鏡の正確な位置座標に移動)→画面右(撮影天体を自動導入)

タスクをASIAIRからSkySafariのアプリに切り替えて、撮影したい天体を再度自動導入します。この場合、補正移動量が小さいので導入精度は高くなります。

裏ワザ情報>> このPlate Solving機能を活用すれば、極軸が適当でもOKです(笑)

 

4.オートガイドもASIAIRの機能の一つとしてスマホからすべてコントロールされます。

f:id:KYOEI-TOKYO:20181031162305p:plain

Guideアイコンをクリックしてオートガイド画面に。適切な露出とゲイン値を設定して繰り返し撮影する。画面上にいくつかの恒星が見えるようにガイドスコープのピント合わせを行う。気に入ったガイド星をタップしてキャリブレーションをスタートさせる。その後、自動的にオートガイドが始まる。

 

5.撮影はオートランモードで設定した撮影パラメータに基づいて実行されます。露出時間やゲイン値や撮影枚数そしてカラーフィルターホイールを指定できます。

f:id:KYOEI-TOKYO:20181031165138j:plain

撮影中はリアルタイムで撮影枚数や撮影経過時間が分かるとともに、撮影された天体画像も手元のスマホ画面で見ることができます。その画像にレベル補正処理を施すこともできます。たとえば望遠鏡から離れた車内やコテージの中にいて、その撮影状況をつぶさに把握することができるのです!

 

インプレッション:

上記の手順に沿って、筆者が実際に撮影した3分×7枚画像をコンポジット画像処理+αしたさんかく座銀河(M33)です。この画像はトリミングしていません。対象が写野の中心から少し右にズレていますが、これがPlate Solvingの誤差になります。こんなに高精度で撮影対象天体が写野に導入されているのにはとても驚きました!

f:id:KYOEI-TOKYO:20181026102853j:plain

*誤差はさまざまな要因が考えられますが、Plate Solvingの精度向上はASIAIRアプリのバージョンアップにて近々対応されます。アプリのバージョンアップにてバグを潰しながら性能を改善していく方法は、いわゆるパソコンやデジタルカメラなどの電子機器と同じ考え方ですね。