ネイチャーショップKYOEI東京店 星ブログ

新製品情報はもちろん、機材のテクニカルガイドや、webショップには掲載できないブログだけの限定情報など、裏表織り交ぜてぶっちゃけます!

IDAS NB1 フィルターっておもしろい!

f:id:KYOEI-TOKYO:20190208165930j:plain

いっかくじゅう座の「バラ星雲」 特殊なフィルターなのに簡単な画像処理でOK!

f:id:KYOEI-TOKYO:20190208180237j:plain

IDAS製 NB1フィルター

新発売のIDAS NB1(ネビュラーブースター1)を使って輝線星雲のバラ星雲を撮影してみました。カラーバランスはさほど崩れることもなく、画像処理も簡単に施すことが出来ました。これはおススメのフィルターの1枚です!

このフィルターは星雲の主要4輝線であるHα、Hβ、OⅢ、SⅡ付近の波長域のみを透過させるナローバンド干渉フィルターです。カラーCMOSカメラとの相性も良くて、1ショットでカラー画像撮影が可能です。

撮影システム:IDAS NB1 フィルター + ASIAIR + ASI294MC-P + iOptron Versa108ED鏡筒(口径:108mm F6) + iOptron iEQ30Pro赤道儀

撮影情報:露出時間 3分×10枚コンポジット=30分 冷却温度マイナス20℃ (StellaImage7にてダークフレーム減算、トーンカーブ調整、レベル補正、その他簡単な画像処理) 撮影地:長野県野辺山

f:id:KYOEI-TOKYO:20190208173152j:plain

1枚画像(ディベイヤー処理、トーンカーブ調整、レベル補正だけ)

上の画像は、たった3分露出の1枚画像です。画像処理も基本中の基本処理しかしていません。ご覧のようにこんなに写っているのです。凄くないですかぁ。。。  ちなみにASIAIRからWiFiでスマホに送られてくるリアルタイム画像が下のスクショ画像になります。つまり撮影中でも撮影画像を確認できるので安心かつ快適な撮影スタイルですね。

f:id:KYOEI-TOKYO:20190208180039p:plain

撮影中のスクショ画像:この場合、3分ごとのリアルタイム画像を手元で確認OK

f:id:KYOEI-TOKYO:20190208180510j:plain

筆者つぶやき:

このバラ星雲は2月6日に撮影したのですが、冬の時季の野辺山は八ヶ岳を越えてくる山岳乱気流により最悪のシンチレーションに見舞われた環境でした。おかげでオートガイダーをちゃんと実行させるのが一苦労でした。なので画像が全体的にちょっと眠い感じがしますがご愛敬ということで。。。

Quad BP フィルターでモンキー星雲を撮ってみました!

f:id:KYOEI-TOKYO:20190130113748j:plain

モンキー星雲:オリオン座とふたご座の間に位置する6,400光年彼方の輝線星雲

新発売のQuad BP Filter(クワット バンド パス フィルター)を冷却CMOSカメラに装着してテスト撮影してみました。この干渉フィルターの特性は、星雲の主要な4輝線であるHα、Hβ、OⅢ、SⅡ付近の波長域のみを透過させます。

撮影システム:Quad BP Filter + ASIAIR + ASI294MC-P + Sky-Watcher EVOSTAR 72ED + iOptron CEM25

撮影情報:3分×8枚コンポジット 冷却温度マイナス20℃ (StellaImage7にてダークフレーム減算、トーンカーブ、レベル補正、その他簡単な画像処理) 撮影地:飯能市

f:id:KYOEI-TOKYO:20190130115205j:plain

Quad BP Filterは主要な4輝線付近以外をカットするので、強力な公害カット効果が得られる

モンキー星雲は思っていた以上によく写り、またこのフィルターはCMOSカメラの感度特性との相性もよいのか、通常通りの簡単な画像処理で写真を仕上げることが出来ました。都市部や公害地での撮影におススメのフィルターだと思います。

f:id:KYOEI-TOKYO:20190130120625j:plain

撮影した時の望遠鏡システム...スマホを使ってASIAIRで集中管理できるので便利

筆者つぶやき:大気の状態がとても悪い1月27日夜に撮影しました。飯能市といえども、天頂付近から東側は東京方面なので星空は壊滅状態 。そして冬季の気流の乱れが激しくて、オートガイドもなんとかという撮影環境でした(写真の恒星が横に伸びているのはお許しくださいませ)。ちなみに同じ鏡筒に一眼デジカメでフィルター無だと、ISO6400で露出10秒でも撮影画像は白っぽくなってしまいました。

スマホ+ASIAIR+タカハシEM11(Temma2Z)で撮影!

f:id:KYOEI-TOKYO:20190124111308j:plain

東京都千代田区神田にあるKYOEI東京店オフィスのベランダから球状星団を撮影!

タカハシ赤道儀EM11でベランダ天文族をやってみました。KYOEI東京店ベランダからは、北極星が全く見えない、星空の空間が狭い、ビルやコンビニの街灯が凄まじいなど天体撮影には適していませんが、ASIAIRのPlate Solving(天体位置解析)機能をテストしてみたくてチャレンジしました!

f:id:KYOEI-TOKYO:20190124112804j:plain

1.赤道儀の極軸を北極星の方向に目見当で合わせておきます。

2.ベランダから唯一見えた火星に望遠鏡を手動で向けて、スマホアプリのSkySafariでAlign(同期)をします。

f:id:KYOEI-TOKYO:20190124113727j:plain

3.ASIAIRアプリに切り替えて、ここでは球状星団メシエ15を導入します。

4.赤道儀の導入駆動が終わったら、ASIAIRで1枚撮影(2秒露出&ビニング)してPlate Solvingアイコンをタップします。

5.すると撮影画像から3秒ほどで天体位置解析が行われて、画像写野の中心座標値が算出されます。Sync Mountをタップすると、その座標値が現在座標値(赤経赤緯)に取り込まれるので、メシエ15(ターゲット座標値)へ再び導入操作します。

f:id:KYOEI-TOKYO:20190124115526p:plain

露出5秒のメシエ15(球状星団)…撮影したままの生スマホ画面のスクショ

このように写野の中心に撮影したい天体をかんたんに導入できました! タカハシ赤道儀(Temma2Z)で天体自動導入とPlate Solving(天体位置解析)をスマホWiFiでコントロールできる快適さには驚きました。。

スマホでタカハシFG-Temma2Zの天体自動導入できました!

ZWO社ASIAIRのソフトウェアバージョンが更新されて、ついにタカハシFG-Temma2ZならびにTemma2(Z)をコントロールできるようになりました。天体の自動導入がスマホのWifiで快適にできるのです。(ムービー収録:1分37秒)

システム構成タカハシFG-Temma2(Z) + ZWO社ASIAIR + ASIAIRアプリ + (SkySafari) + タカハシRS232Cケーブル

+ ZWO社CMOSカメラ(どの機種でもOK。ASIAIRアプリを起動するために必要。)

f:id:KYOEI-TOKYO:20181228190448j:plain

パソコン無しでスマホWifiからTemma2(Z)が制御できるのは楽しい!

ASIAIR経由でオートガイドもしっかりと機能しました。そしてASIAIRと接続できるということは、Plate Solving(天体位置解析)もできるはずです。近々にテストしてみます。

=>Plate Solving(天体位置解析)も出来ました。千代田区神田にある協栄のオフィスのベランダからばっちり撮影対象天体を導入できました! 導入精度も文句なしです!

撮影協力:スターベース

 

2,000万画素のASI183MC-Pでかに星雲を撮影しました!

f:id:KYOEI-TOKYO:20181222165927j:plain

M1(かに星雲)…小口径望遠鏡でもここまで高解像度で撮影!(ピクセル等倍)

先日、東京から車で2時間ほどの八ヶ岳へ出掛けて、新製品ASI183MC-Pでテスト撮影してきました。

撮影システム:ZWO社 ASI183MC-P + ASIAIR + ASI120MMmini(オートガイド) + IR-CUTフィルター + ビクセンFL55SS + iOptron CEM25

撮影データ:3分×7枚 冷却温度-10℃ ダーク補正などStellaImage7にて簡易画像処理

 

ASIAIRにCMOSカメラ、オートガイドカメラおよび赤道儀を接続して、スマホから天体自動導入、プレートソルビング(位置解析補正)および天体撮影まですべてをコントロールして、暖かい車中から撮影しました。Wi-Fiの制御は快適そのものです!

口径55mmの小口径天体望遠鏡+ピクセルサイズ2.4μmの高解像度CMOSカメラで、かに星雲のフィラメント構造がここまで写るとは驚きました。

f:id:KYOEI-TOKYO:20181222173432j:plain

撮影システム…ASIAIRからのWi-Fi電波は10m離れていてもスマホでキャッチ!

f:id:KYOEI-TOKYO:20181222173456j:plain

ノートリミング画像…ASI183MC-P(5490×3666) + 焦点距離315mm

筆者の感想:ASI183MC-Pはピクセルサイズが2.4μm×2.4μmと小さいので解像度があがり、望遠鏡を大きくしたのと同じ効果が得られるように感じました。望遠鏡システムが小さくなるということは大気や風の影響も受けにくくなるとともに、なによりも撮影のための移動が楽になります。 だからまた撮影したくなります!

f:id:KYOEI-TOKYO:20181222174940j:plain

©国立天文台 口径50cm望遠鏡で撮影

無謀ではありますが、国立天文台で20年ほど前に撮影された口径50cmでのかに星雲の画像と、筆者が撮影した口径約5cmのFL55SS望遠鏡の画像を比較しても、まんざらではないなぁと勝手に思っています(笑) 時間をかけてもっと真面目に撮影すればどこまで肉薄できるか楽しみです!


 

ASIAIRアプリだけで天体自動導入OK!

なんとZWO社のASIAIRアプリだけで、撮影したい天体の自動導入およびPlate Solving(位置補正)まで可能になりました。筆者が撮影時に試してみると、とても快適な機能でした。つまり外部有料アプリとのタスク切り替えも必要なく、操作がシームレスで使いやすくなったと言えます!

<<天体自動導入>>

f:id:KYOEI-TOKYO:20181212161036j:plain

1.ASIAIRアプリのメイン画面上段にある望遠鏡マーク(Telescope Settings)をタップします。開いた画面の中の「Choose Object」をタップすると、本日のオススメ天体の一覧が表示されます。

f:id:KYOEI-TOKYO:20181212162419j:plain

2.たとえばM42(オリオン大星雲)を撮影したい場合、検索ワードにM42と入力してサーチします。するとM42の情報が表示されるので、そこを2回タップします。

f:id:KYOEI-TOKYO:20181212163356j:plain

3.画面が元のTelescope Settingsに戻って、M42と表示されるので、「GoTo」をタップします。

f:id:KYOEI-TOKYO:20181212164035p:plain

4.すると上写真のようなGoToメッセージや位置座標が表示されながら、望遠鏡がM42(オリオン座大星雲)を自動的に導入します。

f:id:KYOEI-TOKYO:20181212164857p:plain

実際の撮影スマホ画面:ASI183MC-P + Vixen FL55SS 露出5秒 4×4ビニング

 

<<位置補正>>

f:id:KYOEI-TOKYO:20181212165245j:plain

5.プレビュー写真を撮影して対象天体が写野内に導入されていない場合、ASIAIRアプリのメイン画面左欄にある「Plate Solve」アイコンをタップします。

f:id:KYOEI-TOKYO:20181212165756j:plain

6.するとASIAIRアプリは数秒で、現在の写野が天空上のどの位置にあるのかを解析します。表示されたメッセージ内のSync Mountをタップします。あとは前述の3.と同じように「GoTo」をタップするだけで、写野の中心に撮影したい天体が正確に導入されてきます。これは胸がすくような快適さです!!

f:id:KYOEI-TOKYO:20181212170638p:plain

M1(かに星雲) 撮影している画像をピンチアウト 撮影日:2018年12月11日

7.あとは上写真のようにオートラン機能(撮影スケジュール)を使って撮影を実行させるだけです。撮影中もスマホ画面から撮影画像のレベル補正処理が可能なのですぐに撮影画像のチェックができます。また撮影状況やオートガイドの実行状況確認もできる優れものです。

ASICAPが日本語化されてリリース!

f:id:KYOEI-TOKYO:20181129105550j:plain

ZWO社オリジナルのCMOSカメラ撮影コントロールソフト「ASICAP」が日本語化されてリリースされました。撮影に関する基本的な機能に留まらず、冷却温度設定やカラーフィルターホイール制御までコントロールできる優れもの。CMOSカメラ初心者の方には朗報です!

f:id:KYOEI-TOKYO:20181129103633j:plain

ソフトウェアのダウンロードは、ZWO社ホームページのトップページにある「SUPPORT」→「Software」をクリック。

f:id:KYOEI-TOKYO:20181129103712j:plain

開いた画面内のSoftwareの欄に用意されているASICAPの「Download」をクリックして、あとは指示に沿ってダウンロードします。

f:id:KYOEI-TOKYO:20181129104909j:plain

PCのデスクトップ上のACICAPアイコンをダブルクリックすると、日本語版CMOSカメラライフがスタートです。

f:id:KYOEI-TOKYO:20181129105550j:plain

日本語表示は項目表記および補足説明や各種メッセージまで対応されています。筆者も使用してみて、必要にして十分な機能が網羅されていると感じました。(協力:KYOEI)