ネイチャーショップKYOEI東京店 星ブログ

新製品情報はもちろん、機材のテクニカルガイドや、webショップには掲載できないブログだけの限定情報など、裏表織り交ぜてぶっちゃけます!

ASIAIR-miniでAdventurer GTiを快適に変身する!

東京都心の街灯溢れる都立公園にて、上写真のシステムで筆者はテスト撮影してみました。

ポイント

1.ASIAIRアプリだけで全てのコントロールが可能。(SynScan-PRO不使用)

つまりスマホやタブレットからWiFi接続して、複数のアプリをいちいち切り替えることなく1本のアプリ(ASIAIRアプリ)だけで、極軸合せや天体自動導入やプレートソルビングやオートガイドや撮影まで快適にこなせます。この寒い時季に温かい車やお部屋の中から電視観望できるのは身体に優しいシステムです!

 

2.電源ケーブルが集約されてスッキリ。

ASIAIR-mini本体からAdventurer GTiに電源供給が可能なので、バッテリーからの電源ケーブルが1本に簡素化されます。ASIAIR-miniには4個の電源出力ポートが備わっていて、皆さまからよくお聞きする配線地獄から脱出できます。

 

3.極軸合せが楽しく。

極軸合せはCMOSカメラと連動することで、スマホやタブレット画面を見ながら快適に短時間でそして超高精度に。またASIAIR-miniの新機能All-Sky Polar Alignを使うと、北極星が見えない場所でも極軸合せが簡単に正確にできます。

言い換えれば内蔵の極軸望遠鏡を使わなくてOKなのです。筆者を含めたメガネや老眼が入った年配の方々にはめちゃめちゃ朗報ですね!

外気温0℃の都立公園でも音楽を聴きながら快適に電視観望 右:タブレットのスクショ

撮影システム

撮影制御:ZWO社 ASIAIR-mini

     (ZWO社CMOSカメラとNikon及びCanonカメラをサポート(一部機種未サポート))

赤道儀スカイウォッチャーAdventurer GTi

CMOSカメラZWO社ASI585MC 鏡筒:William Optics RedCat51Ⅱ

ガイドカメラ/鏡筒:ZWO社ASI120MM-mini/ZWO社30F4

フィルター:ZWO社 Duo Bandフィルター

➡KYOEIお薦めの電視観望セットです。(ガイドカメラ/ガイド鏡筒/フィルタは含まれません)

左:1分露出×20枚スタッキングを簡易画像処理 右:撮影中の様子

撮影までのプロセス

◆ASIAIR-miniからAdventurer GTi赤道儀ホームポジションに設定。そこから一気に天体自動導入。つまり1スターや2スターアライメントなどの初期設定は不要。

◆ASIAIR-miniに搭載のプレートソルビング機能で電視観望や撮影天体を簡単快適に超高精度自動導入。

◆同じくセンターHERE機能でど真ん中に目標天体を。

◆オートガイドするとAdventurer GTiはなんと平均±4秒角以内で追尾。なおオートガイド無しでは焦点距離250mmの場合、30秒~1分露出であれば恒星像は点像に収まりました。(あくまでも筆者のテスト機結果)

接続:ASIAIRとAdventurer GTiをUSBケーブルで接続。EQMod Mountを選択。

筆者コメント

スカイウォッチャーAdventurer GTi赤道儀は、想像していた以上に精度の高い製品だと感じました。ZWO社ASIAIR-miniからの細かな制御信号をしっかりと受け止めてくれるので、電視観望初心者の方々でも簡単に使いこなすことができます。最大のポイントは、ユーザーさまが望む成果を得るまでの試行錯誤が軽減できて、大きな時間短縮に繋がることだと思います!

ZTF彗星をASIAIRとAdventurer GTiでゲットだぜ!

この画像は1月31日午前1時22分に山梨県西湖畔で撮影したZTF彗星です。

撮影情報:

・露出時間1分×1枚画像 ・ヒストグラムストレッチ自動処理 ・撮影中のiPad画面のスクリーンショット ・ZWO社ASI585MC非冷却CMOSカメラ使用

➡つまり電視観望スタイルで撮影したZTF彗星の撮って出し画像です。凄くないですかぁ、撮影を始めて1分後にはiPad画面にこのZTF彗星が観望出来ているんです! KYOEIスタッフ3人で出掛けたんですが、画面にこの画像が現れた瞬間、全員で感嘆の声を上げて驚いてしまいました(笑)

 

1分×1枚画像データをStellaImageで筆者が10分ほど簡易画像処理したZTF彗星画像です。

 

撮影システム:

撮影制御:ZWO社 ASIAIR-mini

     (ZWO社CMOSカメラとNikon及びCanonカメラをサポート(一部機種未サポート))

赤道儀スカイウォッチャーAdventurer GTi

CMOSカメラZWO社ASI585MC 鏡筒:William Optics RedCat51Ⅱ

ガイドカメラ/鏡筒:ZWO社ASI120MM-mini/ZWO社30F4

フィルター: ZWO社 IR/UVカットフィルター

➡KYOEIお薦めの電視観望セットです。(ガイドカメラ/ガイド鏡筒/フィルタは含まれません)

 

左:ZTF彗星の撮影中の現場(青丸位置にZTF彗星) 右:撮影した電視観望システム

 

KYOEI Zoom講座 episode2 「動画で分かりやすい 電視観望の実践!」開催いたします

現在はお申し込みの受付を終了しています。次回の講座をお楽しみに!

参加お申込みはこちらから:

https://forms.gle/qWvEj1oGwSkUKiUY8

新製品ZWO社AM5赤道儀にセレストロン社EdgeHD800鏡筒を積載

ビギナー対象 KYOEI Zoom講座 episode2 「動画で分かりやすい 電視観望の実践!」を以下の日程で開催いたします。
参加を希望される方は、お名前とメールアドレスなどをお知らせください。
 日時:2023年2月4日(土)13:00-14:00
 内容:「動画で分かりやすい 電視観望の実践!」
 コンテンツ:1.ダークおよびフラットフレーム撮影
       2.電視観望システムを組立てる 
       3.プレートソルビングで天体自動導入
       4.オートガイドする

                          5.ライブスタック撮影

 定員:15名さま(先着順)
 受講料:無料
 担当:村上将之(KYOEI TOKYO、星のソムリエ)

f:id:KYOEI-TOKYO:20211027161752j:plain

お申し込み受付後すぐに自動確認メールを返信いたします。なお環境やプロバイダーにより確認メールが届かない場合がございます。その際はお手数ですがメールにてご連絡ください。


Zoom参加のURLやミーティングIDやパスコードなどを、ご記入いただいたメールアドレスあてに開催日の前日までにお知らせします。
前日中にメールが届かない方は、お手数ですがご連絡ください。

※このZoom講座では、担当がご参加の皆さまのご質問になるべく答える形式での講座を予定しています。「こんな質問をしたい」「こんな内容を聞きたい」という要望をご質問欄にぜひお寄せ下さい。
※なお講座では「Zoom」をWEB会議システムとして利用します。受講される方は、事前にZoomの環境をご用意ください。
 
お問い合わせ:  kyoeisangyo3366*gmail.com(*を@に)または 03-3526-3366

 

参加お申し込みはこちらから:

https://forms.gle/qWvEj1oGwSkUKiUY8

星空イベントは盛り上がる!...中学校編

f:id:KYOEI-TOKYO:20230116131910j:image

たくさんの生徒さんたちが電視観望システムに触れました!スマホやタブレットを使ってWi-Fi経由で望遠鏡制御から撮影までコントロールできるところに関心が集まりました。

f:id:KYOEI-TOKYO:20230116131729p:image

f:id:KYOEI-TOKYO:20230116144124j:image

f:id:KYOEI-TOKYO:20230116153747j:image

男子中学生が「この電視撮影システムがカッコいいから撮影してもいいですか?」と言ってきました。筆者はとても嬉しかったです^_^

システム構成:

Wi-Fi撮影統合コントローラ:ZWO社 ASIAIR-Plus

・冷却CMOSカメラ:ZWO社 ASI2600MC-PRO

赤道儀ZWO社 AM5赤道儀(ストレイン・ウェーブ・ギア)

・鏡筒:Askar FRA400

・アクセサリー:ZWO社 EAF(電動フォーカサ) / ZWO社 ASI120MM-mini(ガイドカメラ)

リチウムイオンバッテリーJVC BN-RB37-CK


f:id:KYOEI-TOKYO:20230116153317j:image

f:id:KYOEI-TOKYO:20230116153320j:image

最新デジタル望遠鏡システムと言える電視観望システムを複数台持ち込んで、都内の中学生約140名を対象に星空イベントのサポートを行いました。天候はあいにくの曇天でしたが、天文業界としては若年層の中学生にも電視観望システムの素晴らしさの一端が伝わったと思います。

明け方の午前4時には一瞬快晴となり、慌てて撮影したフクロウ星雲とサーフボード銀河の画像を朝食時に生徒さん達にプレゼントしました😉


f:id:KYOEI-TOKYO:20230116150832j:image

f:id:KYOEI-TOKYO:20230116154618j:image

ホテルの会議室では、手作り望遠鏡講座も開催しました。熱心にそして楽しく聴いてくれました♪

小中学生の頃から宇宙や星空に触れるイベントを今後もサポートしていきたいと考えています⭐️

KYOEI Zoom講座 超入門~電視観望&電視撮影~ episode1 開催いたします!

 参加お申し込みはこちらから: 

https://forms.gle/qq3mp7d1ETm3JmG16

f:id:KYOEI-TOKYO:20210202152435j:plain

「KYOEI Zoom講座 超入門~電視観望&電視撮影~ episode1」を以下の日程で開催いたします。
参加を希望される方は、お名前とメールアドレスなどをお知らせください。
 日時:2023年1月21日(土)13:00-14:00
 内容:「超入門 やってみよう電視観望!」 (内容レベル★☆☆☆☆)
 コンテンツ:序章.都心で電視観望

       1.観望会あるある⁉
       2.電視観望の概念 
       3.人気の秘密
       4.電視観望会の開催風景
       5.Q&A
 定員:15名さま(先着順)
 受講料:無料
 担当:村上将之(KYOEI TOKYO、星のソムリエ

 

お申し込み後すぐに確認メールを自動返信いたします。なお環境やプロバイダーにより確認メールが届かない場合がございます。その際はお手数ですがメールにてご連絡ください。


Zoom参加のURLやミーティングIDやパスコードなどを、ご記入いただいたメールアドレスあてに開催の前日までにお知らせします。
前日までにご案内メールが届かない場合は、お手数ですがご連絡ください。

※このZoom講座では、ご参加の皆さまのご質問になるべく答える形式を予定しています。「こんな内容を聞きたい」という要望をご質問欄にぜひお寄せ下さい。
※なお講座では「Zoom」をWEB会議システムとして利用します。受講される方は、事前にZoomの環境をご用意ください。
 
お問い合わせ: 03-3526-3366 または kyoeisangyo3366*gmail.com(*を@に)

参加お申込みはこちらから:

https://forms.gle/qq3mp7d1ETm3JmG16

 

リアル電視観望講座は熱い⭐️

f:id:KYOEI-TOKYO:20221212091237j:image
f:id:KYOEI-TOKYO:20221212091240j:image

第4回リアル電視観望講座を山梨県八ヶ岳山麓にあるペンションスターパーティーさんにお邪魔して開催しました。日が暮れるまではダークやフラットフレームなどのご説明を。夕食後は参加された皆さまの愛機を使って実践編を展開しました🔭

f:id:KYOEI-TOKYO:20221212091324j:image

f:id:KYOEI-TOKYO:20221212091520j:image
f:id:KYOEI-TOKYO:20221212091523j:image

ケフェウス座 IC1396(象の鼻星雲) 露出1分×8枚 冷却温度0℃ Gain100

夜空の状態は快晴→曇天となりましたが、返ってこれがさまざまな撮影状況を作り出してくれて、皆さま色々な経験ができたようです。外気温0℃の寒空でありながら熱い熱い試行錯誤が繰り広げられました。例えば最初は初歩的なポーラーアライメント極軸調整やオートフォーカス機能に戸惑っておられましたが、最終的には皆さま狙った天体画像をきっちりとゲット出来ました♪ この講座を通じて電視観望の面白さを体感されていました😉


f:id:KYOEI-TOKYO:20221212091601j:image

f:id:KYOEI-TOKYO:20221212091604j:image

皆さまが持参された望遠鏡や赤道儀はさまざまなメーカーでしたが、ZWO社ASIairを接続することで全ての操作(ユーザーインターフェイス)が簡単に統一化されて快適そのものでした!

これからもリアル電視観望講座で皆さまを幸せにできたらなぁーって思っています^_^
f:id:KYOEI-TOKYO:20221212091426j:image

熱気あふれる東亜天文学会 鹿児島年会2022

f:id:KYOEI-TOKYO:20221127111317j:image
f:id:KYOEI-TOKYO:20221127111320j:image

11月26日と27日、鹿児島市立科学館において、東亜天文学会の鹿児島年会2022が開催されています。今回はリアルとズームのハイブリット形式で、たくさんの会員の方々が参加されています。

f:id:KYOEI-TOKYO:20221127111450j:image
f:id:KYOEI-TOKYO:20221127111453j:image
f:id:KYOEI-TOKYO:20221127111456j:image

筆者も電視観望について研究発表をさせていただきました。会員の皆様はさすがに関心度が高く、熱のこもったレベルの高い質問をたくさんいただきました。


f:id:KYOEI-TOKYO:20221127111615j:image

f:id:KYOEI-TOKYO:20221127111619j:image

会場内に特設展示スペースがあり、そこに最新電視観望システムの実機を持ち込んでのフリートークには多くの方が集まってくれました。ありがとうございます^_^

f:id:KYOEI-TOKYO:20221127111713j:image
f:id:KYOEI-TOKYO:20221127111710j:image

桜島をバックに釣り人たちと一緒に釣りを楽しむ「アオサギ」。

◯初日の夜中に急遽天体写真撮影大会を開催。鹿児島の美しい星空を見ると、疲れと時間を忘れて24時まで、、、⭐️